タグ:イギリス ( 76 ) タグの人気記事

London From The Air

今までどうもありがとうございました。

色々と考えた末、本日をもって、このブログを終わりにします。

コメントを書いていただいた方、読んでいただいた方、大変お世話になりました。

最後に大好きなロンドンの映像で終わりたいと思います。

皆様、お元気で~!


[PR]

by lucy2426 | 2014-05-24 13:29 | イギリス

ダウントン・アビー(華麗なる英国貴族の館)

e0327358_1639180.jpg



NHK総合テレビの日曜日、夜11時の放送といえば、ここ最近、ずっと韓国ドラマ枠でしたが・・・

現在、放送中の「トンイ」が終了したら、お次は、英国ドラマですって!!!

まぁ、あれだけ、告げ口外交されちゃ、お人好しの日本人も怒り爆発しますってば。

ってことで、5月は、BSで「シャーロック」もあるし、私としては、嬉しい5月になります。


詳細はこちら → 






[PR]

by lucy2426 | 2014-04-06 16:45 | 海外TV

Giant's Causeway

アイルランド島北端の海岸線に残るジャイアンツ・コーズウェー(巨人の石道)。

隙間無く並んだ石柱が約8キロに渡って続く海岸なんだそうだ。

全部で4万に及ぶと推定される石柱は、ほとんどが正六角形で、直径は40~50センチ。

今から5千年前ほどに起きた火山の噴火でマグマが噴出し、溶岩が冷却して凝固したものとされる。

だそうですが・・・・果たして?

誰も、5千年前を見た訳じゃあるまいし・・・。

ウィキによると、こんな伝説もあるらしい。

ウィキより・・・

ジャイアンツ・コーズウェー(「巨人の石道」)の名は、アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールに因む。伝説では、彼がスコットランドの巨人ベナンドナーと戦いに行くためにコーズウェーを作ったとされる。

フィン・マックールはスコットランドへ辿り着く前に眠くなってしまった。フィンがいつまで経っても来ないので、ベナンドナーは彼を探すために橋を架けた。ベナンドナーがフィンよりも大きいことを見て取ったフィンの妻ウナは、フィンに毛布を掛けて、フィンが子どもであるかのように見せかけた(異伝では、ベナンドナーの大きさを見て逃げ出したフィンは、赤ん坊のふりをさせてくれと妻に頼んだ)。ベナンドナーは、「赤子」の大きさを見て、父のはずのフィンはもっと大きいのだろうと推測した。そして、恐れをなして、コーズウェーを蹴散らしつつ逃げ出したという。

異伝では、妻ウナが岩に彩色してステーキに見せかけたものをベナンドナーに出し、「赤子」のフィンには普通のステーキを出したところ、「岩のように硬い」はずのステーキを「赤子」が易々と食べるのを見て恐怖したベナンドナーが逃げ出した、というものもある。

コーズウェーの伝説に対応する伝説は、スコットランドのスタッファ島のフィンガルの洞窟 (Fingal's Cave) にも見られる。


何はともあれ・・・年度末決算報告書作成に追われる身としては、こんな静かな不思議な場所へ

のんびりと行ってみたいものなのであ~る。



[PR]

by lucy2426 | 2014-04-03 21:28 | イギリス

新しい1ポンド硬貨。

e0327358_21201946.jpg




1983年に導入された1ポンド硬貨が、2017年に新しいデザインに生まれ変わるそうです。

導入から30年ってことで、偽造硬貨があまりにも多いそうで・・・!

現在では、その偽造硬貨の流通量が3%を超えているそうです。

地域によっては、6%超える所もあるんですって。

もう誰も偽物か本物か・・・小さなお店じゃわからないでしょうね~。

多分、本物そっくりに作っている人たちがいるんでしょうから。

ってことで、新しいデザインも片面はエリザベス女王様。

あと3年はまだ元気でいらっしゃる・・・んですね(笑)。

それにしても、アゴのラインをもうちょっとすっきりさせてあげればよいものを。

裏面のデザインは一般公募するそうです。

現在、1ポンド硬貨をたくさんもっていらっしゃる方は、早めにイギリスで使い果たした方が良さそうです。

偽物!って言われるのもイヤですもんね。



[PR]

by lucy2426 | 2014-03-19 21:33 | イギリス

ミステリーサークル

日本ではミステリーサークルと言われていますが、海外では、Crop Circle と言います。

以前は日本のテレビ番組でも、ミステリーサークルについて取り扱う番組も多かったのですが、

実は、イギリスのじいちゃん2人組が作ったんだよ~なんて、告白しちゃってからは、

段々と関心も薄れたのか?日本のメディアにはほとんど出てこなくなりました。

が・・・毎年、新たなミステリーサークルが世界各地で出現しているようです。

イギリスのじーちゃんたち、あちこち行っているのか?(笑)

まぁ、それよりも人為的に作るグループもあるとかで、でも、勝手に人の畑に入り込んでいるから

自分たちがやったとは人前に出られない・・らしいです。

確かに、人為的に作られた物もあるでしょうが、ここ最近のミステリーサークルのデザインを見てみると

何かしら、宇宙からのメッセージがあるような気もするのであります。











[PR]

by lucy2426 | 2014-03-16 20:17 | イギリス

閃輝暗点

一体このタイトルは何??って思われたでしょ~~。

閃輝暗点(せんきあんてん)と読みます。

wiki によると、

閃輝暗点(せんきあんてん)とは、片頭痛の前兆現象として現れることが多い症状で、定期的に起こる場合が多い。
まず、視覚障害が起きる。突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のような黒いキラキラした点が現れる。視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。その後、みるみるうちに点は拡大していく。ドーナツ状にキラキラと光るギザギザしたガラス片や、ノコギリのふちのようなもの、あるいはジグザグ光線のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら光の波が視界の隅に広がっていく。これは無数の光輝く歯車のような点が集まり回転しているようでもあり、視界の大部分が見えなくなることもある。これらの視覚的症状は短時間に進行する。そしてこの閃光と暗点は5分から40分ぐらいで広がって、視野の外に出て消えて行く。この症状は目を閉じていても起きる。症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まる場合が多い。この後に頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が3~4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。

これら症状は若年の場合、年齢と共に回数も減りその内にほとんど起こらなくなる。

中年の場合で、閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある。


*********************************************

これ読んだら、若い人に多い症状みたいじゃないの!!

中年の場合は、やっぱり色々とやばいのかも・・・(苦笑)。

今日、お昼休みが終わって、さぁ、昼から仕事!と思い、パソコンに目をやると、何やら、目の前に、キラキラ

光る物が見えてきて・・・

あれ?コンタクトに何かついたかな?って思っていたら、そのキラキラが段々とチカチカしだして、文字が読め

ない、書けない・・・という恐ろしい状態に。

目をつぶっても、そのキラキラが見えるので、もう訳わからず・・・かなり動揺しまくる私。

心落ち着かせ、外の景色を見たり、深呼吸したりしていたら、30分程度で、そのキラキラは次第と大きくなり、

そのまままたいつもの景色が見えるようになりました。

あ~もう、何かにとりつかれたかと思いましたわ。

「視界 キラキラ」って検索したら、この「閃輝暗点」という症状にドンピシャリだったわけです。

透明のようで透明でないために、見えるようで文字が見えない状態に、本当にびっくりどっきりでした。

視界が真っ暗闇なら、これもまた怖いんでしょうけれど・・・これは目で見ているものではなく、脳が見ている

世界なんだそうで・・・ちょっと不思議体験しちゃったかも。

この症状が終わった後、ひどい人は吐き気や頭痛があるのだそうだけど、私の場合、軽い偏頭痛があっただ

けでした。確かに、肩こりもひどく、年度末のプチストレスもあったせいかも?だけど、またこんな症状が現れ

たら、イヤだわ~~。運動は嫌いですが、ストレッチぐらいはしなきゃかな?


色があったかどうか・・覚えてないんだけど、こんなモヤモヤしたものがあったのです。



)


ストレスはためないようにしなきゃです。


この動画を見て、心落ち着かせます045.gif


[PR]

by lucy2426 | 2014-03-12 20:34 | イギリス

オーロラ、イギリス各地で異例の観測

ちょっと前まで、イギリス各地で大洪水のニュースでしたが、今度は、イギリス各地でオーロラが

観測されたとのこと!

オーロラといえば、北極圏のみで観測できるものだとばかり思っていましたが、一体何が

起こっているんでしょうね~。良いことの前兆ならいいんですが・・・。

寒いのが好き!と豪語している私ですが、さすがに北極圏だけには行く勇気はないので、一生

オーロラを自分の目で見ることはないだろう??って思っていますが、イギリスで見ることが

できるのなら、見てみたいな!行ってみたいな!

イギリス北部だけでなく、イギリスの南東部でも観測されたそうです。



e0327358_205450100.jpg



e0327358_2055819.jpg



e0327358_20552755.jpg



e0327358_2055394.jpg



e0327358_20555070.jpg



e0327358_2056242.jpg



e0327358_20561596.jpg



e0327358_20562877.jpg



e0327358_20564187.jpg



e0327358_2057834.jpg



e0327358_20572192.jpg




[PR]

by lucy2426 | 2014-03-07 21:00 | イギリス

Freeview TV Ad - Cat & Budgie

これまた、ちょっと感動のCMでございます。

本当に猫とインコが歌っているかのようです。

で、結局何のコマーシャル??(笑)。

イギリスのテレビ番組??


使われている音楽は、Marvin Gaye & Tammi Terrell – You’re All I Need To Get By だそうです。



[PR]

by lucy2426 | 2014-03-06 21:55 | 海外CM

sherlock song spoof

英国ドラマSherlockの魅力はなんと言っても、19世紀のシャーロック・ホームズが

もし現代に生きていたとしたら、しかも青年で・・・という設定、そしてジェレミー様以外に

シャーロックはあり得ない~と思っていた多くの人の常識?を打ち破ってくれた、

ベネディクト・カンバーバッチ様の見事な演技力!あの声にもしびれます。

英国ドラマっていうと、NHKBSだったり、スカパー!のミステリーチャンネルでしか見られないのが、

とっても残念!

韓流ドラマだって、地上波であれだけ放送したんだから、イギリスドラマだって、あっちこっちで

放送してくれりゃいいものを!

アメリカのドラマとはまた違って、絶対面白い~~ドラマが多いと思うんだけどな~。

Sherlockは、特に、男性でも見れば好きになる人が多いはず!!と思うのですが・・・。

もういい加減、ひな壇に並んだお笑いタレントの番組は終わりにしてはどうでしょう?

視聴率悪くなる=スポンサーがいなくなる=益々、お金をかけない番組になる・・・の繰り返し。

BBC製作Sherlockは映像もさることながら、音楽もいいんですよね~。重厚感があって。


BGMが違えば、これだけ印象も変わります!って動画を発見(笑)。

これはこれで面白い~。






でもやっぱり、こっちが好き053.gif



[PR]

by lucy2426 | 2014-03-02 19:49 | 海外TV

Sam Smith - Money On My Mind

1990年代までは、UK音楽にのめり込んでおりましたが、ここ最近、イギリスで誰の歌が

ヒットしているのやら、全くわからなくなってしまいました。

ちょっと検索してみたら、昔のように、ロック系バンドとかがヒットチャート上位にいるのは

少なくなったような?

で、現在、イギリスの上位にいる方が、Sam Smith さんというシンガーソングライター(英国人)です。

お顔を見た限り、20代後半か・・と思いきや、まだなんと21歳!!

声がとっても個性的ですね~。

イギリスでは期待の新人として、注目されているそうです。









[PR]

by lucy2426 | 2014-03-02 16:21 | 音楽